« 覚せい剤 | トップページ | どうなるんでしょうか »

モラトリアム

 借金棚上げ。嬉しい話ではあるのですが、借りたものを返すのは当たり前のこと。3年間猶予してもらっても、果たしてその時、返せるかどうかというと、はなはだ疑問です。3年後に景気が良くなり、余裕ができるなんて誰が保証してくれるのですか。さらに厳しくなっているかもしれません。

 亀井大臣がご執心の「モラトリアム法案」はどうなるんでしょうか。個人向け住宅ローンの猶予は喜ぶ人が多いかもしれませんが、中小企業向け融資にしても、貸し渋りなどを誘発し、結局は弱い者の首を絞める結果になりはしないか心配です。“立派な”議員さんがやることなので、そんなへまはしないとは思うのですが、どこに落とし穴が待ち受けているか分かりません。

 それよりも、給料を上げて可処分所得を増やしてもらうと小売店は非常に助かるんです。物が売れてお金が回るようになれば借金も利息も払えるんです。猶予してもらうよりその方がどれだけいいか分かりません。中にはぎりぎりで今すぐ猶予をという企業もあるでしょうが、それはそれなりにピンポイントで対処した方が効果が上がると思うのですが。

 年金問題もしかり。将来に不安があるから消費が伸びないのです。分かっているようで分かっていないお金持ちの議員さんでは困ります。ルールを突然変更するのではなく、ルールにのっとってスムーズに運ぶためには何をなすべきかを考えた方がいいのではないでしょうか。更に深い考えがあるんでしょうが、「権力」を単に権力として行使するのはどんなものでしょうか。

|

« 覚せい剤 | トップページ | どうなるんでしょうか »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 覚せい剤 | トップページ | どうなるんでしょうか »