« 受験シーズン | トップページ | 飲酒運転 »

背後の危機

 「67億分の1」とテレビコマーシャルで歌っています。地球上でたった一人の大切な人という意味でしょうが、相手を異性に限れば単純にその半分、33億5000万分の1、さらに、アジア、日本、東海地方と絞っていけば天文学的な数字も次第に確率が高くなっていきます。大切さはもちろん、数字で表せるものではありませんが、日ごろ想像もしないような数字を突きつけられると「へぇ~」と注目させられます。その意味ではCMとして成功と言えるのではないでしょうか。

 1億2700万分の1の日本は少子化が大きな問題になっています。先週も書きましたが、大学を頂点とする教育界。生徒、学生の奪い合いが既に始まっています。エスカレーター式、中高一貫教育、大学の系列に入る高校などいろいろあります。そういったつながりのない学校は進学率を上げて生き残りを図るしかないようです。福祉科を設置する大学が急激に増えているのは社会のニーズを取り入れて生き残りを図ろうということなのでしょう。

 国連の人口推計によると、2050年には世界の人口は92億人になるそうです。現在ですら飢餓が問題になっているのに、25億人も増加したらどうなってしまうんでしょう。日本では減反政策をやめようと言う話が出ていますが、各国間で食料の奪い合いが起きないか心配されます。そうなれば当然、遺伝子組み換え、クローンが幅を利かせることになるのではないでしょうか。ある自治体では、そんな事態に備えて食料の確保を進めているそうです。

 人口、食糧、経済など見回せば危機がいっぱいです。実はもう背後まで忍び寄っているのに気がつかない。気がついていても見ようとしない。そしてついに、ある日…。そんなことがないようにしたいものです。

|

« 受験シーズン | トップページ | 飲酒運転 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 受験シーズン | トップページ | 飲酒運転 »