« 教育の未来 | トップページ | レンタル大はやり »

思い切った行動が必要

 2008年もあとわずかとなりました。今年の漢字は「変」でしたが、私的には「酷」の方がいいように思います。見捨てられた後期高齢者、国民を無視した国政の放棄、非正規雇用者の情け容赦ない解雇などはその極みでしょう。実体経済の行く手に明かりは見えず、厳しい状態はまだ続きそうです。

 こんな時だからこそ、政府は何か明るい話題を提供すべきではないでしょうか。オバマ米国次期大統領は300万人の雇用を創出すると国民に約束しています。日本も、もらうのが何かいじましいことのような言い方をされる定額給付金なんてやめてしまって、雇用創出のためのビックリするような案を考えたらどうなんでしょう。首都移転でもいい、国民の健康づくりのため、高齢者が安心して人生を楽しめる体制作りなど税金の使い道はいくらでもあるはずです。こんなときだからこそ、雇用創出のための道路建設も国民の賛同を得られるのではないでしょうか。私の周りでも、そんなことを話す人は少なくありません。

 テレビや新聞も金太郎飴のようにどのチャンネルも、どのページも同じことばかりの羅列はやめて、どうすればこの事態を乗り切れるか、少しでも前進するためには今何が必要か、国民は今何をなすべきかにもっと積極的に取り組むべきではないでしょうか。現状報告も大事でしょうが、そこでとどまってしまってはお先真っ暗になるばかりです。死語になってしまいましたが、かつてジャーナリストは「社会の木鐸」といわれたはずです。暗い話ばかりしていると、明るい部分まで暗くなってしまいます。

 確かに今は辛抱の時期なのでしょう。ならば、この機会にしかできないことをやればいいのです。山があれば谷もある。山が高ければ谷は深くなるものです。深い谷底から這い上がるには一歩一歩あるいていくしかないのです。破壊は一瞬ですが、「ローマは一日にして成らず」です。

 最後になりましたが、今年もガスティをかわいがっていただきありがとうございました。2009年も今年にも増してよろしくお願い致します。

|

« 教育の未来 | トップページ | レンタル大はやり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年はお世話になりました。来年もよろしく
お願いします。

投稿: あま | 2008年12月26日 (金) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教育の未来 | トップページ | レンタル大はやり »