« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

ガソリン

 猛暑、五輪、豪雨…なんだかんだといっているうちに、蝉の声もいつしか遠ざかり、気がつけばアキアカネが群れ飛ぶころとなりました。高地からはコスモスの便りも寄せられています。“独り言”も夏休みを頂いておりましたが、再び“ぶつぶつ”言わせて頂きますのでよろしくお願いします。

 今年の夏休みは帰省、旅行共に車をやめて公共交通機関を利用する人が多かったそうです。何でもかんでも車という意識が改革されたことは良かったと言えます。もっともっと自らの足を使い、ちょっと遠くは自転車を使いましょう。

 ここに来て、上がり続けていたガソリンの値段がちょっと下がってきました。このまま下降を続けてくれればいいのですが、まだ油断はできません。万が一、下がり続けても以前のように車を使ってしまえば元の木阿弥。教訓は生かさなければ意味がありません。

 ところで、知人がこんなことを言っていました。「よくガソリンを入れに行くセルフスタンドでは、スロット形式で絵柄が揃うと1円から5円まで値引きされる。ガソリン高騰が始まる前は3円はざら、悪くても1円は必ず当たっていたのが、最近はなかなか絵柄が揃わない。たまに揃ってもせいぜい1円か2円。50リッター入れても50円、100円のことだが、とても残念」と悔しがっていました。気持ちは分からないでもありませんが、少しでも車に乗らないことを心がけた方がいいんじゃないかと思うんですが。

| | コメント (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »