« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

タスポ

 たばこ屋さんが悲鳴を上げているそうです。自販機の売り上げが激減して、店を閉めてしまったたばこ屋さんも増えているようです。すべては「タスポ」の影響です。

 カードを作るのはそんなに大変なことではないでしょうが、それさえ面倒ならば、たばこに火をつけることはめんどくさくないんですか。いっそのことやめてしまったらどうでしょう。私はたばこを吸った経験が無いので大きなことは言えませんが、その気になればなんとかなるでしょう。家族はきっと喜んでくれますよ。

 自販機で売れない分、コンビニで売り上げが上がっているようですが、コンビニにとってはふってわいたような話。商売の基本は「対面販売」。なにか考えされられる出来事です。

 ところで、財源不足の折、たばこを1000円に値上げしたらどうかという政治家もいますが、果たしてどうなんでしょう。そんな値段になったらどれだけの人が吸うでしょうか。かなりの人が禁煙すると思いますよ。「誰がなんと言おうが、俺は絶対にやめん」と豪語している人ほど禁煙について気にしているものです。

 値上げをすれば税収が増えるなんて、日本の政治家はなんて短絡的なんですかね。私個人としては煙たくなくてありがたいのですが。

| | コメント (0)

何を考えているんだか

 秋葉原の無差別殺人を真似て、「殺してやる」とブログに書き込み、逮捕された愚か者が何人かいますが、何を考えているんでしょうか。全く自分勝手な人間が増えています。

 先日、テレビでネットカフェ難民の特集をやっていました。「なぜ、ネットカフェ難民になってしまったのか…」。こんな問いかけに、若者達から帰ってくる答えは、まず自分のことは棚に上げ、社会が悪い、会社が悪い、政治が悪い…といった内容ばかり。

 確かに彼達の言っていることに間違いはないとは思いますが、だからといって同感する気には到底なれません。まず自分はどうなのか、この立場が全く欠落しています。「自分がこんな状況にあるのはすべて相手が悪い・・・」少なくとも、テレビを見ていて私にはそう言っているように受け取れました。

 いろいろ言いたいことはあるでしょうが、まず自分がどれだけ努力できるか、したかじゃないでしょうか。それが報われないからといって傍若無人な振る舞いをして他人に危害を加える。そこまで行かなくても社会に背を向けてしまう。どこかで、何かが間違ってしまったんでしょうが、何とかしなければならない重要な課題です。

 

| | コメント (1)

ウエットスーツ

 競技である以上、1秒でも早く、少しでも上位でゴールしたいと思うのは人の常。「順位よりも完走」を目指すことも欲求の達成であり、レベルの差はあれ同じ欲求のような気がします。

 好記録続出の英・スピード社製の水着に対して、日本水連が改善を要求した国内メーカー3社のうち2社が、山本化学工業の素材を採用。さて、ジャパン・オープンではどんな結果が出るのか。そして水連の結論は…。

 興味津々ですが、山本化学工業の素材はトライアスロン界ではウエットスーツやレースウエアの生地として既に採用されています。さて、皆さんが愛用しているレースギアはどうですか。

 技術は日進月歩。常に新しい素材を開発していかないと時代に取り残されてしまう。特に今回のような事態になると技術力が問われることになります。マラソンもシューズが重要。どこまで技術が進歩していくのでしょうか。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »