« もっと個性を | トップページ | 春ですね »

解散、総選挙はいつ

 来年度予算案をめぐって国会が空転しています。重要な問題なので侃々諤々、意見を闘わせてもらうのはやぶさかではありませんが、どうもそんな雰囲気ではありません。自民、民主どちらも党利党略が目に付いて仕方ありません。

 そんなことしているうちにニューヨーク原油が104ドルを突破してとどまるところを知りません。投機筋の資金が流れ込んでいるのは明らかで、マネーゲームの様相を呈しています。でも、状況がどうあれ、値がつり上げられていることは紛れもない事実です。日本でも一時、なりを潜めていたガソリンがまた変な動きを見せています。

 影響がガソリンだけにとどまるのなら車で出掛けることをできるだけ控えれば事はすみますが、生活用品、物流、燃料など日々の活動に既に大きな影響が出ています。バイク関連でも同様、ジワリと値が上がっています。なかでもカーボンの値上がりが著しく、昨年に比べ7万円も値上がりしたフレームがあります。円高もどんどん進み、恩恵が受けられるはずの部分でもうやむやになってしまっています。

 こんなときにこそ政治家が力を発揮し、国民を安心させてくれなければならないのに国会空転のていたらく。世界から置き去りにされた日本の印象が強まるばかりです。印象だけならいいのですが、現実は更に厳しい状況にあるようです。世界第2位の経済大国の面影はもうありません。

 こんなありさまでは、春闘もあまり期待できそうにありません。国民は日々の生活に追い詰められているのです。今すぐ手を打たないととんでもないことになってしまいます。何んにもしない、できないのなら、解散、総選挙で動ける、考えられる、将来を計算できる議員を選ばせて欲しいものです。

|

« もっと個性を | トップページ | 春ですね »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もっと個性を | トップページ | 春ですね »