« フレームの軽量化とは? | トップページ | 言葉を考える »

年度末の工事集中

 年度末の道路工事、なんとかならないですかね。どこを走っても、工事渋滞ばかりでうんざりです。国会では道路財源となるガソリンの暫定税率が火種となっていますが、工事の年度末集中もなんとかしてもらいたいものです。

 もうずーと昔から、みんなが困っているんです。みんながぶつぶつ言っています。道路を維持、補修することは大事なことですが、年間を通じてもっと計画的にできないものでしょうか。年間の予算があって、重要部分から工事に取り掛かる。年度も半分が過ぎると予算のメドがつき、あそこもここもと工事を業者に発注し、年度末に工事が集中するわけでしょうね。

 年間の工事密度を平均化させることはそんなに難しいことではないと思うんですが。それが本当の市民サービスじゃないでしょうか。結果的に、ガソリンの消費量が増え、地球温暖化防止に逆行するようなことを行政がしていては、何をかいわんやです。

 道路を掘り返していても必ずしも道路工事とは限りません。ガス管、水道管、電線地中化などライフラインの工事もあります。いずれにしてもできる限り利用者に迷惑のかからないような形で工事を行ってもらいたいものです。

 

 

|

« フレームの軽量化とは? | トップページ | 言葉を考える »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フレームの軽量化とは? | トップページ | 言葉を考える »