« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

もっと個性を

 再燃したロス疑惑、イージス艦と漁船の衝突、米兵の少女暴行事件、ガソリンの暫定税率と道路建設問題…。次々と問題が起きています。

 テレビのニュース番組はどれも精力的に取材して、報道しています。それはそれでいいのですが、どのニュース番組も内容はほとんど変わりません。1番組だけを見ている分には何ら問題はないのですが、例えば毎夜、9時台のニュース9,10時台のニュースステーション、11時台のニュース23。これをはしごすると、それぞれもっと個性が出せないものかとつくづく思います。

 ニュース番組に予断は禁物ですが、もう少し切り口を変えたらどうなのとクレームを付けたくなります。、どこを切っても金太郎飴状態です。特集などテーマを設けて苦労はしているようですが、それだけではカバーし切れていません。中には、何日も、何回も同じビデオを使い、おさらいをしている形をとりながら時間稼ぎをしているとしか思えないこともよくあります。「もう、いいよ」状態です。

 日本文化特有の横並び意識丸出し感覚です。一生懸命取り組んでいるんでしょうが、懸命になればなるほど似たりよったりの番組になっていってしまう。目指すところが同じであれば仕方のないことなのですが、お互い意識して番組づくりをしているのなら、もっと知恵を絞るべきではないでしょうか。そんな意味からすると11時台のもう1つ、ワールド・ビジネス・サテライト(WBS)はなかなかユニークなニュース番組です。

 日に日に移り変わり、ほんの1ヶ月前の出来事が遠い昔のことのように感じられてしまいます。今日28日のある新聞に「宙に浮いた年金記録5000万件の持ち主を探す『ねんきん特別便』を受け取った人で、記録訂正を年金額に反映させる『裁定変更』の処理が終わったケースはいまだにゼロ」という記事が載っていました。最近、年金問題のニュースを目にしなくなりました。こういう問題こそ、継続報道が重要なんですよね。

| | コメント (1)

言葉を考える

 かつて、「言葉狩り」がありました。「狩り」という表現がどうかはさておき、軽蔑、差別用語など相手に不快感を与えたり、誤った知識を植え付けるような言葉は使うべきでないことは言うまでもありません。その意味では完了した出来事ではなく現在も未来も進行形であるといえるでしょう。

 たまに、冗談を冗談として受け取ってもらえず、場がしらけてしまったときなど、どうつくろっていいのか分からなくなってしまったような経験はありませんか。「KY」といわれれば結果として否定できませんが、もっと軽く受け流してくれればと思うこともあるでしょう。飲み会などでテンションの上がっているときに、そこまで考えてしゃべる人はどれだけいるでしょうか。

 半面、不特定多数の人に向けて情報を発信する場合には、それなりの気配りが求められます。最近、「ブログ炎上」がしばしば起きています。言葉の使い方があまりにも安易過ぎることもありますが、言葉の持つ意味をしっかりと理解していないことも原因として挙げられるのではないでしょうか。人の揚げ足をとるのもどうかと思う部分もありますが。「言霊」と昔から言います。言葉一つ一つに魂があるのです。魂は言葉を発する人がこめるものだとも思うのですが、勢いでしゃべってしまうこともよくあります。少し前に世間では、某有名歌手の失言、NHKアナウンサーの発言等がブログやワイドショーを賑わせていましたね・・・。

 何気なくしゃべっている会話も、意味の取り方によってはとんでもない会話になることだって有り得ないとは断言できません。考えすぎると何もできなくなってしまいますが、まずは「言葉」を“大切”にする心を“大切”にしたいと思います。

| | コメント (0)

年度末の工事集中

 年度末の道路工事、なんとかならないですかね。どこを走っても、工事渋滞ばかりでうんざりです。国会では道路財源となるガソリンの暫定税率が火種となっていますが、工事の年度末集中もなんとかしてもらいたいものです。

 もうずーと昔から、みんなが困っているんです。みんながぶつぶつ言っています。道路を維持、補修することは大事なことですが、年間を通じてもっと計画的にできないものでしょうか。年間の予算があって、重要部分から工事に取り掛かる。年度も半分が過ぎると予算のメドがつき、あそこもここもと工事を業者に発注し、年度末に工事が集中するわけでしょうね。

 年間の工事密度を平均化させることはそんなに難しいことではないと思うんですが。それが本当の市民サービスじゃないでしょうか。結果的に、ガソリンの消費量が増え、地球温暖化防止に逆行するようなことを行政がしていては、何をかいわんやです。

 道路を掘り返していても必ずしも道路工事とは限りません。ガス管、水道管、電線地中化などライフラインの工事もあります。いずれにしてもできる限り利用者に迷惑のかからないような形で工事を行ってもらいたいものです。

 

 

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »