« 自己把握 | トップページ | 秋到来 »

うそ~

 「うそ~」「それはないでしょ、安倍首相」。だったら内閣改造、臨時国会での所信表明はなんだったんですか。辞任することを心に決めながら所信表明するなんて、国民を愚弄しているとしかいいようがないでしょう。

 国会で論戦が始まろうという直前の辞任。何で今なのかはどう考えても分かりません。民意を受けていないと党首会談を断られた、局面の転換を図るため、体力的限界などが言われ、本人の口からも述べられていますが、政治家としてはそんなことは理由にすべきではありません。庶民感情としては「敵前逃亡」「思うに任せず、投げ出してしまった」としか思えません。無責任と言われても返す言葉もないでしょう。

 立場は違え、朝青龍問題でも同じようなことがいえます。甘やかされて育った息子が、突然叱られてパニックに。父親は厳罰は下したものの、その反響の大きさにびっくりしてしまい、どうしていいのか分からなくなってしまった。おまけに、1日で返したものの、相撲評論家の取材証を、相撲協会に批判的な意見に同意したとして取り上げてしまった。これもあり得ないことです。どんなことがあろうが、批判的な意見には真摯に耳を傾けるのが公共の立場にある団体の姿ではないでしょうか。おまけに、理事長は国民やファンに向けて一言も事情を説明していません。

 政治とスポーツの違いはあれ、頂点を極めた二人。やんちゃ坊主に本物のお坊ちゃま。どちらも頭をポカンとひとつ叩かれただけでパニック状態に。「大人になりきれない子供」と言うか、「子供のままで大きくなってしまった大人」というべきか。こんな姿を見せられると、怒るよりも、もの悲しくなってきます。 

|

« 自己把握 | トップページ | 秋到来 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自己把握 | トップページ | 秋到来 »