« 高校野球特待生制度 | トップページ | 紫外線 »

悪質自転車取り締まり

 「狭い日本 そんなに急いでどこへ行く」。そんなキャッチフレーズが昔ありました。全てがスピード優先になっていく社会に対する漠然とした懸念がそんな言葉になったのでしょう。スピード万能とまでは言わなくても、優先される現代社会。車を運転していても「何でそんなに急ぐの…」という車がたくさんいますね。という自分も…。

 しばしば歩道を暴走する自転車を目にします。歩道だから暴走になるのですが、車道では同じスピードで走っても、自動車からは目障りで邪魔な存在になるでしょう。そんな自転車が置かれている現状は惨憺たるものです。歩行者にも自動車にも疎まれ、日本の道路・交通行政の貧困を一手に引き受けているようなものです。

 先日、東京都で悪質自転車の一斉取り締まりが行われましたが、取り締まればいいってものでもないと思います。取り締まりを強化して自転車が絡んだ事故が減ったでしょうか? 日本の交通行政は自動車の増加に振り回され、後手後手行政です。道路を造り道路網を整備すれば交通渋滞はなくなるというのは幻想です。都市とその周辺では誘発交通によって整備されればされるほど交通量が増加していきます。人の多く集まる場所は、むしろ車道を狭くして歩道と自転車道を広くすべきではないでしょうか。そうすれば自動車はそんな地域を避けて通るでしょう。逆転の発想で道路網を整備すれば自動車も人も自転車もうまく共存できるはずです。

 地球に優しい究極の乗り物といわれる自転車。もちろん乗る人の心がけも大切ですが、自転車の特性を十分に生かせるような方策を考えることが求められているのではないでしょうか。トライアスリートの皆さん、上手な自転車の乗り方の手本を示しましょう!

|

« 高校野球特待生制度 | トップページ | 紫外線 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高校野球特待生制度 | トップページ | 紫外線 »